「 ミネラルウォーター 」一覧

意外と知られていない日本島しょ部の水道事情

意外と知られていない日本島しょ部の水道事情

「島しょ部」という単語をご存知ですか?島しょ部とは大小さまざまな島が集まっている地域のことです。東京の伊豆や南太平洋のパラオなどを「諸島」と称しますが、それらのように島が集まっている場所のことを指しています。今回は東京都の「伊豆諸島」と「長崎県島しょ部」にスポットを当てて解説いたします。各地域の水質...

砂漠の水道事情~エジプト・アラブ共和国

砂漠の水道事情~エジプト・アラブ共和国

エジプトに “ナイルの水を飲んだ者は再びナイル(エジプト)戻る”という古いことわざがあります。その言葉どおりに受け取れば、エジプトの水は訪れる人を魅了するほどおいしいということになりますが実情はどうなのでしょうか。砂漠の国、エジプト・アラブ共和国、通称エジプトの水道事情をご紹介します。 ナ...

ウォーターサーバーを生んだアメリカの飲水・水道水事情

ウォーターサーバーを生んだアメリカの飲水・水道水事情

日本のように水道水が飲める国は非常に少なく、一般的には約15カ国程度ともいわれています。ほとんどの国では水道水はそのまま飲むことができず、基本的にミネラルウォーターを買わなくてはならなかったり、自分でろ過しなくてはならなかったりします。では、大国、アメリカの水道水事情はどうなっているのでしょうか。そ...

国民の一部しか飲水を手にすることができないカザフスタンの水事情

国民の一部しか飲水を手にすることができないカザフスタンの水事情

カザフスタンはユーラシア大陸の中心に位置し、世界第9位の広大な国土面積(アジアでは、中国、インドに次いで第3位)を有する内陸国。国土の大部分がサルイイシコトラウ砂漠やキジルクム砂漠などの砂漠や乾燥したステップで占められているため、飲料水事情は非常に悪いだけでなく、天然資源採掘や旧ソ連時代からの負の遺...

実は水不足気味?オーストラリアの飲料水事情

実は水不足気味?オーストラリアの飲料水事情

オーストラリアといえばコアラなどの固有種や豊かな生態系やなどが思い浮かびますが、実は、オーストラリアは本土の18%が砂漠ということもあり、人間が住む大陸の中で最も乾燥している地域といわれています。そのため慢性的な水不足の問題を抱える地域の一つで、生活用水を確保することは、住民にとっての重要な課題であ...

水インフラが急務と言われるブラジル・サンパウロの水道事情

水インフラが急務と言われるブラジル・サンパウロの水道事情

リオ五輪・パラリンピックで湧くブラジル。現地へ応援に行く人に、出国前にぜひ確認しておいてほしいのが同国の水道事情です。ブラジルは年間平均降水量が1782mmと、世界最大の水資源量(8233km3/年)を有する国ですが、実は水インフラが未整備で水資源使用率は0.7%と世界最低クラス。さすがに大都市圏で...

スポンサーリンク